障がいのあるわが子の子育て&まち歩きまちづくり日記。日々の出来事、読んだ本のこと、友人たちや地域との交流など。アート・手仕事をテーマに、障がい者の居場所づくりを目指して・・がんばります。


by denko6246

コレクティブハウス大泉学園

コレクティブハウスの内覧会にいらっしゃいませんか

そんなメールをいただいて、
出かけました。

場所は練馬区内。
西武池袋線大泉学園という駅です。

メールをくださったのは、
社会福祉法人つくりっこの家の明星さん。
大泉学園でながく精神障がいの方を中心に、
障害がある人もない人もともに地域で暮らしていく、
そんな思いをもって活動をつづけていらっしゃる方です。

「大泉学園にコレクティブハウスを作る会」の母体にもなっています。

空き社員寮見つけた!
チラリと話をおききしてから内覧会までが、なんだかとってもはやい…
そんな気がしたのですが、
社員寮をリフォームして始めたことが、そのはやさにつながったようです。
普通の自宅改造の場合は、
用途変更が必要なため
その申請にかかるお金も時間も結構いたいのだそうで。
勉強になりました!

4年の時間をかけて
また、はやいと感じたものの、ここまでくるには
4年もの時間をかけてきたのだそうです。
コレクティブハウスに住みたい!と思う人たちで、
地元への働きかけ、協力者を探し、
物件が見つかってからはまた、施設的な部分に関する話し合いなど。
リフォームだけれど全体のつくりはしっかりした2階建て。
コモンキッチン・ダイニング・リビングの他、
共同の24時間風呂、
ランドリー、トイレがあります。
風致地区ということもあり、
3階の屋上にあがると、気持ちよく遠くまで見渡せます。
各住居はトイレがつき、キッチンやお風呂をシェアするなどタイプは様々。
ここに13世帯15人が住まうことになります。

生活保護の人でも暮らせるように
ちょっと驚いたのは、家賃。
48000円(〜75000円)!
生活保護の方でも暮らせるように、
そんな願いがこの家賃設定だときいて、
あぁ、つくりっこらしい、素晴らしいな…と思いました。
そして、この最低家賃から逆算して、
回収コストは3500万円と決めたのだそうです。
何を残して何を新しくするか、
限られたお金をどこにかけるか悩みながら完成。

暮らしのルール・運営はまたこれから話し合いです。
60代〜母親と住む1才の子どもまでが暮らすこの場に、
様々な問題も起きてくるに違いないのですが、
つくりっこのまわりに集まるサポーターさんたちの存在がなんとも心強いのです。
30年も続けてきたつくりっこさんの活動の大きさをしみじみ感じながら、
内覧会を後にしました。

f0219674_13295188.jpg
f0219674_1329125.jpg
[PR]
by denko6246 | 2010-07-04 11:00 | まちあるき