障がいのあるわが子の子育て&まち歩きまちづくり日記。日々の出来事、読んだ本のこと、友人たちや地域との交流など。アート・手仕事をテーマに、障がい者の居場所づくりを目指して・・がんばります。


by denko6246

5年前のクリスマス②

f0219674_0534932.jpg

たくたくの入院が決まって、
本当に困りましたね。

何がって…

色々ありましたが、

夜中の病院ですから

やっぱり

…でそうじゃないですか(涙…)

そう!

でたんですよ!

夜中の2時ころに。

朝になれば検査。

たくたくにはもう
点滴やら色々機械がとりつけられていて

よくドラマでみるような

暗い病室に機械のランプがひかり

ピコン、ピコン…

と音がなっている状況でした。

点滴に異常があるとアラーム音がなり

看護士さんを呼んで対処してもらう

それを何度もくりかえしていて

寝れる状態ではありませんでした。

で、部屋のトイレに行き手を洗うと


背後に何やら気配が…(汗汗汗)

ぞぞっとしました。

黒く光っていました。

ツヤツヤしたゴッキー。

「£@∞##っ!!」

言葉にならない言葉を発して

ナースステーションへダッシュ!!

「…ほ、ほうきかしてください。。
え…柄のながいやつ」

夜中に?

怪訝そうな若い看護士さんに

事情を説明すると
フリーズ。。

「わたしがやりますから、はやく〜っ」

私がほうきを持って走ると、

後ろから看護士さんが殺虫スプレーをもって
一緒に走ってきて

「こ…これで」と。

虫を殺すようなものは、うちの子の体にも悪い〜っ!
やめてっ!

あっ、あそこに逃げましたよっ!

小声で叫びあいながら

ほうきもってバシバシっ!



夜が明けたら検査。

そんな夜中に

ほうきもって

病室の廊下をゴッキー追いかけ走って…
いたのでした。。


後から思うと、

なんとも妙な光景。
写真は、

担当の先生に注射されるたくたく。
[PR]
by denko6246 | 2011-12-04 00:53 | 身体・病気・病院