障がいのあるわが子の子育て&まち歩きまちづくり日記。日々の出来事、読んだ本のこと、友人たちや地域との交流など。アート・手仕事をテーマに、障がい者の居場所づくりを目指して・・がんばります。


by denko6246

『ダウン症児の療育相談』飯沼和三

『ダウン症児の療育相談 Q&A』
飯沼和三
(大月書店1997年)
久しぶりに本を読みました。

それがこの本。

飯沼先生はお医者さんです。

「足の裏が小さくみえるのですが…」
「頸椎検査は何歳でうけるといいでしょうか」
「舌をだすのはなぜ?」
「ダウン症児の言語指導についてよい方法は?」
などなどの質問に、
専門家としてとてもわかりやすく
アドバイスしてくれている本です。


子どもがもうすぐ年長さんという時期に、
読んでいる人はいないかも…ですね。

遅い!(笑)

買うには買ったが、
本棚にしまったまま…数年。

この手の専門書はあまり読んでこなかったこと

今ごろ気がつきました。


子育てするうえで、
あまり先入観をもちたくないような気持ちもあったし、

知るのが怖かったのかもしれないし

療育に行ってるし、読むのが面倒な気持ちもあったのかも

…色々。

Q&A方式で質問も限られてはいますが、
誰もがぶつかるようなものが中心だな、と感じました。

よみやすく、

また読むうちに

この先生のダウン症の子どもたちへの愛情をふと感じます。


あぁ、もっと早く読んでおけばよかった!!

読んだ瞬間にそう思ったQ&Aが1つありました。

「冬になると唇がよくわれてしまいますが…」
という質問です。

小さなことですよね…、

でも、毎年とても気になっていたんです。

これって、
冷え症だということのあらわれなんだそうで。

知らなかった!!

うちの子、異様に割れるんです…。

リップクリームを色々試しでも

痛々しいくらい(涙)。

先生からのアドバイスにもこうありました。

「唇にリップクリームをつけるだけではいい効果はみこめません」


!だって!!!

手足を温めてあげること

そして本人にもその行動を意識させること

心がけていくことにします。
[PR]
by denko6246 | 2012-02-27 23:21 | 家の本棚♪まちの図書館づくり