障がいのあるわが子の子育て&まち歩きまちづくり日記。日々の出来事、読んだ本のこと、友人たちや地域との交流など。アート・手仕事をテーマに、障がい者の居場所づくりを目指して・・がんばります。


by denko6246

<   2012年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

雪と検査とおにぎりと

f0219674_2242841.jpg

雪。。降りましたね…。

今日のお昼はたくたくと2人でお弁当♪

おにぎり♪

水筒にお茶♪

おかず♪
チンしただけだけど。

休みで暇だったとか
外に出れないから気分転換とか
そんなんじゃありませ〜ん。

これは、今日、
病院で食べるはずだったお弁当!

レントゲンや心電図とって、

先日のエコー検査の結果と合わせて

先生の診察うける日でした。

前任の先生が退職のため、

初めて後任の先生にお会いする日でもありました。

少しばかり緊張して迎えたこの日。

雪はどんどんひどくなるばかり。

予約を変更してもよかったけれど、

もうすぐ行く
歯の治療(乳歯がぬけないうちに永久歯がはえた)の前に、
心臓のほうの今の状況をききたかったのです。

心疾患があると、
抜歯などでも特別な処置などが必要になる場合があるそうで。


覚悟をきめてドアを出ると、

雪の吹き込む通路で、早くもたくたくは傘をさし…

そのままエレベーターに乗り

外ではなぜか雪深い所を歩き…

うなりながらどんどん深い所へ向かい、
足が雪で埋まり…

最後にはなぜか電柱と塀の間を通ろうとして…

ついに固まってしまっていました。

「こっちを歩こう」と言ってもだめ。

手をひいてもだめ。

抱えて雪の少ない所へ連れて行くと大泣き…。

ずぶ濡れの背中をみて

「…やめよう。帰るよ」

。。。

200mくらいをまた必死で戻り

マンションのエントランスに入ると

「ほぉぉぉ〜…っ」とたくたく。

緊張感がとけたようです。

帰宅後は、着替えてすぐお昼に♪

「やったぁ〜っ♪♪」

大喜びのたくたく。

本当は出かけたくなかったのに

作っていたおにぎりを見てしまった→
おにぎり食べたい→
病院に行かないと食べさせてもらえないらしい
→仕方ない…

ものすごい速さで1人で着替え、支度したのでした。


検査結果は気になるけれど

歯医者もちょっと困るかもしれないけど

まぁ、よしとして。

冷えたので、あったかいスープもつけました。


手に持ったおにぎりをいったん返して

出かける気持ちに切り替えた姿に、

かなり感動した母なのでした。
[PR]
by denko6246 | 2012-02-29 22:42 | 身体・病気・病院
『発達障害に気づかない大人たち〈職場編〉』
星野仁彦
(祥伝社新書2011年)

これも、
買っておいてしばらく読まなかった本です。

本屋さんで手に取った時、
何か思い当たることがあったわけではないのですが…。

地元の療育センターには

ダウン症だけでなく、
診断がつかない場合も含め

様々な子どもたちが通ってきています。

もう少し色々な障がいのこと

知りたいな…と思って。

たまたま手にした本でしたが、

目につきやすいところにあったので、
つまりは売れてる本ということなんですね…(汗)。

…ということは、

「思い当たる」人たちが多い…?

うちの地元の療育センターも、
支援学級とかも
満員状態です。


「机が汚い」とか
「期日が守れない」とか
「変にこだわる」とか

そんなことは
誰だってありそうだけど…、

だからこそ気がつかないまま大人に。

染色体の検査などではっきり診断のでるものとは違う

悩みや大変さをおもいます。


著者自身、
発達障害と気がつかないまま大人に。

医者となり
はじめて自分のことに気がついた、ということでした。

いや…しかし
お医者さんに?

それはすごい!

う〜ん。

障がいって色々。

同じ障がいでも色々。

悩みも色々。

必要なものも色々。

難しいですね。


でも、どう向き合えばいいのか

その具体的なコツを並べてみると

どんな人にも有効な感じもします。

子育ての勉強にもなります。
[PR]
by denko6246 | 2012-02-28 23:19 | 家の本棚♪まちの図書館づくり
f0219674_23122290.jpg

f0219674_23122286.jpg

音楽療法の教室。

3月には発表会です♪♪

ドラムやピアノで
先生と一緒に演奏をする予定です。

「アイアイ」
「大きなくりの木の下で」

練習はバッチリ!
もう本当に楽しそう〜っ。

本番のたくたくは、
た〜っくさんのお客さんがくるので…

それで固まっちゃうんですよね。

いつもと楽器の位置が違ってても
のけぞっちゃうんですよね。

ん〜
でも今年は違うかもしれない♪
がんばれ〜っ♪♪
[PR]
by denko6246 | 2012-02-28 23:12 | 療育&少しずつできていくこと
『ダウン症児の療育相談 Q&A』
飯沼和三
(大月書店1997年)
久しぶりに本を読みました。

それがこの本。

飯沼先生はお医者さんです。

「足の裏が小さくみえるのですが…」
「頸椎検査は何歳でうけるといいでしょうか」
「舌をだすのはなぜ?」
「ダウン症児の言語指導についてよい方法は?」
などなどの質問に、
専門家としてとてもわかりやすく
アドバイスしてくれている本です。


子どもがもうすぐ年長さんという時期に、
読んでいる人はいないかも…ですね。

遅い!(笑)

買うには買ったが、
本棚にしまったまま…数年。

この手の専門書はあまり読んでこなかったこと

今ごろ気がつきました。


子育てするうえで、
あまり先入観をもちたくないような気持ちもあったし、

知るのが怖かったのかもしれないし

療育に行ってるし、読むのが面倒な気持ちもあったのかも

…色々。

Q&A方式で質問も限られてはいますが、
誰もがぶつかるようなものが中心だな、と感じました。

よみやすく、

また読むうちに

この先生のダウン症の子どもたちへの愛情をふと感じます。


あぁ、もっと早く読んでおけばよかった!!

読んだ瞬間にそう思ったQ&Aが1つありました。

「冬になると唇がよくわれてしまいますが…」
という質問です。

小さなことですよね…、

でも、毎年とても気になっていたんです。

これって、
冷え症だということのあらわれなんだそうで。

知らなかった!!

うちの子、異様に割れるんです…。

リップクリームを色々試しでも

痛々しいくらい(涙)。

先生からのアドバイスにもこうありました。

「唇にリップクリームをつけるだけではいい効果はみこめません」


!だって!!!

手足を温めてあげること

そして本人にもその行動を意識させること

心がけていくことにします。
[PR]
by denko6246 | 2012-02-27 23:21 | 家の本棚♪まちの図書館づくり

見本をみて作る

f0219674_832810.jpg

今年度も残り少なくなってきましたね。

地元の療育も終わりが近いです。

1年間一緒だった子どもたちも
お母さんたちとも
まだ一緒にいたい感じです。

ちょっと寂しいですね。

今の時期にはもう年長さんたちは
はいる小学校が決まっていて
「もう学校の入会説明会だよ〜」
なんて話になります。

支援学校にした人、

支援学校にした人色々。

来年度は忙しくなります。

迷えば迷うほど、ですが。


さて、今日は
亀のおもちゃを作りました。

亀の足をノリでつけたり

亀の甲に似せて背中にシールをはったり。

驚いたのは、

たくたくが見本をみて、
足つけたりシールはったりしたこと。

「見本をみて、あぁこうするのね、という感じで」(先生)

さっさと作っていたそうです。


まぁ、そのせいで、ちょっと小さめに作ってあったしっぽの部分が
足になっていたりするのですが。


いやはや、

見たものを自分で作るなんて…

すごい!!
[PR]
by denko6246 | 2012-02-23 08:32 | 療育&少しずつできていくこと
f0219674_2247558.jpg

f0219674_2247596.jpg

先日、たくたくはパパと造形教室へ。
これがたくたくの作品。
上の作品はパパとの合作!!
枠のところはダンボールパズル(いろいろなカタチ・色のダンボール片)を使って
主にパパがやったそうです。
下の作品はたくたくが色をぬったり貼ったりしたものです♪

今、家で飾っています。

かすれるような勢いのある部分と
絵の具が乾かないくらい
ぐぐっとたまる部分と。
形といい色といい
なんだか強烈。。

たくたくの頭の中をのぞきたくなるような
気持ちになります。
[PR]
by denko6246 | 2012-02-19 22:47 | アート♪アート♪アート♪
f0219674_018472.jpg

今日は地元の療育センターの日。

机上活動では、ひつじさんを作りました。

同じような材料でも
みんな個性がでます♪


色紙の色は

青、ピンク、オレンジの中から自分で選びました♪

ぺりぺりとちぎったら、
ひつじが描いてある台紙にぺたぺた♪

今日はスティックのりではなく、

指でのりをすくってつけました。

今日、クラスは3人。

やり方はそれぞれ違って、

先生いわく
「性格もでますね〜」。

台紙一面にのりをぬってから
ばさっ…と一度に色紙をのせる子。

1枚ずつはる子。

色紙の裏表を意識する、しない…等など。

たくたくは、1枚ずつ派。

しかも、
1枚ずつぬっては手についたのりを拭く(汗)。

余分に指についてるのりを2枚めに使う
ということはないらしく。
(あ〜、もったいない)。

「最後は、時間がなくなりまして…」(先生)

なるほど。
それでこんなにスカスカなんですね。

寒そうなひつじ…。

まぁ、たくたくは、
拭くのが大好きだから…。

保育園でも、
園庭でみんなが遊んでいる最中、

「今日は、園の三輪車をふきふき磨いていました」とか、

「今日は、○○先生と一緒に拭き掃除しました」とか。


将来その道(どんな!?)にすすむかも♪
[PR]
by denko6246 | 2012-02-16 00:18 | 療育&少しずつできていくこと

100mの寄り道

f0219674_2355098.jpg

たくたくのお迎え時。

せわしく歩きながらふと時計をみると

お迎え時間までほんの数分の余裕が♪

「…」

瞬間的にいつもの道をそれて

ちょっと遠回りの別ルートへ。


「あ♪♪」

梅の花が咲いていました。

もう2月だし。


最近、何もかもがバタバタで…

気持ちがゆったりとすることが
ありませんでした。
そのことにすら気がついていなかったようで…。。


100mほどの寄り道。
たった一本の梅の木。

貴重。。


「さて、行かなくちゃ」

花の下のベンチに
ちょっと未練を残して。。
[PR]
by denko6246 | 2012-02-15 23:55 | 日々のつぶやき
f0219674_10553315.jpg

可愛い〜っ!

わっかに色紙やシールをはって

たくたくが保育園で
鬼のリースを作りました。

写真は1部分ですが。

いつも思うのです。

「(作った本人に)顔が似てる〜♪」
[PR]
by denko6246 | 2012-02-09 10:55 | 日々のつぶやき

たくたく配膳する

f0219674_21394122.jpg

f0219674_21394159.jpg

f0219674_21394127.jpg

先日、今年初めての学芸大へ。

色ごとにグループわけしたり、

動物のパズルをあわせてみたり

「りんご、ここに入れてくださ〜い」
言われたものを指定の場所に持って行ったり、

「どうぞ〜」
「んばーぐ(ハンバーグ」
楽しく4人分の配膳をしてみたり。

いろいろやってみました。


パズルは2分割はできるけれど、
3分割はちょっとまだ難しい様子。


また、鈍くさい方だと思っていたけれど、

小さいボールをつかった的当ては

「上手だね〜」と拍手喝采!!

意外なところで…でした。


みぞれ混じりの冷たい雨の日。

車の中で

「雨ふってるから、降りたら自分で傘さしてね」
そう教えておいたら
自分で一生懸命傘を開き、

さして歩く姿にちょっと成長を感じました。
[PR]
by denko6246 | 2012-02-08 21:39 | 療育&少しずつできていくこと