障がいのあるわが子の子育て&まち歩きまちづくり日記。日々の出来事、読んだ本のこと、友人たちや地域との交流など。アート・手仕事をテーマに、障がい者の居場所づくりを目指して・・がんばります。


by denko6246
今年は自転車に乗って出かけまくっていたので、
かなり自転車に関心アップだったたくたく♪
せっかく公園に着いても
ペダルをいじってみたり、
サドルには届かないので
パイプのあたりにまたがってみたり…、
降りた自転車にかじりついて離れなくて。

マンションに帰宅し時、
たくたくとエレベーターをおりて、
家の玄関前で後ろのたくたくを振り返ると…

マンションの通路に止めてある
ご近所のお姉ちゃんの自転車にまたがり
ご満悦のたくたくの姿が。
ピンクのアニメキャラクターがふりふり〜♪

おいおい…(汗)


そんなこんなで
たくたくもマイ自転車をゲット!
まだ“ペダルをこぐ”という動作が
よくわからないようですが、
とにかく嬉しそうです。
3人で自転車で出かける日がくるかな♪
[PR]
# by denko6246 | 2010-09-04 16:10 | 日々のつぶやき
学芸大の特別支援学校の幼稚部は、
西武池袋線の東久留米という駅にあります。
昨年、たくたくは
そこのプレ幼稚部に時々通っていました。
本来なら、今年が本当のプレ幼稚部。
その一年前でしたから、プレのプレ、
という感じでしたが。

この幼稚部は毎年、4歳幼児の募集が若干あります。
私もつい、来年4月からのことを考えてしまいます。
だめもとで願書だそうかな…と。

学芸大には、
長いあいだダウン症の研究を続けてきた先生方がいます。
その心強さ、
サポート体制の充実、豊かな経験、高い専門知識…
様々な無理解との闘いにぐぐ〜っと疲れちゃった時や、

小・中・高とあがるにつれ入学の倍率が高くなることを考えると、
友人ともつい
「幼稚部からいっちゃう?」
なんて話になったり…。

たまたま書店で
東久留米特集の『多摩らび』を発見!

東久留米のこともっと知れば
行きたい気持ちがもっと盛り上がるかなぁ…
なんて。
そんなノリで行った東久留米。
そこは、なんだかとっても居心地の良いまちでした。
湧水群、川沿いの遊歩道、古墳、畑、
点在する教会やお寺や神社…
なんだか自然も豊か。
そういえば、
初めて東久留米の学芸大を訪れたのは春。
近くの川も校庭も
黄色やピンクの花で彩られて…
あぁ、こんな夢みたいな綺麗なところがあるんだなぁ
と感動したのを思い出しました。
そして、夏は夏で
力強い緑がまた良いのです。
いちおしスポットは、
ちょっと気になって立ち寄った
珈琲豆やさん“ロアン”。
美味しい珈琲をその場でもいただけます。
珈琲の飲めないたくたくのために、
持ち込んだ牛乳をお詫びすると
「うちは持ち込みOK♪お弁当もってくる人もいるから〜」
とご主人。
ひょうひょうとしていて
それでいて深い味わいと優しさを感じます。
そして…なぜか店に置いてある囲碁のセット。
なぜか集う年頃の学生たち。
店の前を通りがけに声をかけていく人たち。
う〜ん、ここは地域の憩いの場のようです。
畑と教会に囲まれた素敵なお店。
あ、お店は改装して広くなるみたいですよ♪
楽しみです。

f0219674_16281033.jpg

[PR]
# by denko6246 | 2010-09-03 20:18 | まちあるき
たくたく4歳の夏。
昨年もこんなんだったかなぁ
と心配するくらい食欲がおちました。
突発性発疹が結構ダメージもあったのかもしれません。
でも元気は元気なので、
家にいてもいたずらばっかりで腹立たしいし、
暑いし…どこかで涼みたい…、
ということで、
「たく!パパたち新婚の頃住んでたまちに連れて行ってあげようか♪」
と子どもにすればかなり迷惑で
しかも中途半端な企画が実行!となりました。

場所は東村山♪
西武新宿線です。

いやぁ…
まさか子ども時代に歌った“東村山音頭”
その場所に自分が住むなんて…
当時感じたのを思い出しました。

電車大好きたくたくは、
長い乗車時間中ずっと上機嫌♪

東村山駅に着いてもハイテンションは続き、
新しくできた駅ビルの中を絶叫&爆笑で走り回り…

ほぉら、ここがパパとママが住んでた…
の説明ちょっとはきいてよ〜。むむっ

ここに来たからには、この本屋さん!

お店の名前は、『三びきのやぎのがらがらどん』にでてくる大きな目玉の生き物と同じ「トロル」。

お店も不思議な雰囲気、
お店のおじさんおばさんも不思議なひとばかり。

お客さんがいるをみたことないのに潰れなくて、
“竿だけや”より不思議な存在です。
どうも絵本キャラバンなる活動をなさっているようですが、
それで何人も食べていけるのですか…?
とは今回もきけず。
この東村山に住む
アーティストさんや絵本作家さんなどの話を色々教えていただきました。
立川のNPOチャンプルーの会の子育てひろばで
“にじいろたまご”を作っていた
絵本作家さん(矢部さん)もこのご近所なんだと知りました!
知らなかった〜
引っ越ししちゃってもったいなかったかな。
窓辺に並んだ“にじいろたまご”が
キラキラと輝いて…
このまちみたい♪
なんちゃって。

なんだか住みやすいまちになって、
子どもも育てやすそうで、い〜なぁ。
開発がすすんでも、この絵本やさんみたいに、
ここにしかないものが無くなりませんように。

f0219674_16301520.jpg

▲入り口から既にわくわくする感じの絵本やさん「トロル」
[PR]
# by denko6246 | 2010-08-31 12:49 | まちあるき
たくたく、学童へ行く♪

f0219674_1725068.jpg


といっても、保育園の近くにできた学童の夏休みのお祭りに
お邪魔してきただけですが。
とっても親切でいろいろなネタをもっていて、楽しそうなところでした。

たくたくの通う保育園の、昔使っていた場所は
ずっとシャッターがおりていたのですが、
ある日急にシャッターがひらき、内装工事が始まりました。
どんな会社がはいるのかしら?と
毎日たくたくと目の前を通りながらドキドキ・・・・

工事中、工事のおっちゃんたちと挨拶したり、
懐かしい玄関に座ってみたり、
たくたくも興味津々でみていました。

出来上がったのは、なんと民間学童の施設!

このとき、初めて学童に民間があるということを知りました・・。
校庭が使えればよいのでしょうが、
外遊びができず、
パワーの有り余った子どもたちが室内で過ごさなくちゃいけなかったり、
働く両親にとっては預かりの時間が短かったり、
遅い時間に子ども1人で帰宅する道が不安だったり、
宿題をやるのは禁止だったり、
希望者が多いので学年があがるのと出されてしまったり・・・
きいてみたところでも(場所にもよるのかもしれませんが)、
公立では応えきれない様々なニーズがあるんですね・・。
ここも、そんなニーズに応えてくれるようです。
う~ん。

所属しているダウンちゃんの親の会のお母さん方でも、
障がいをもつ子どもの放課後の居場所をつくる方がでてきています。
「家で留守番というわけにもいかないし、
かといって塾にいかせるといのも・・・・」
「学年があがってくると、(障がいがあると)
普通の子どもたちの遊びについていけなくなってくることあるよね・・」etc
いろいろな話がきこえてきます。
う~むむむむ。


学童のお祭りは、割り箸と輪ゴムでつくった射的、
ヨーヨー釣り、カキ氷、フランクフルトなどなど
いろいろなメニューが♪
たくたくは射的の的になる紙コップにご執心・・・・。ここでもマイペース。。。
たくパパは、「プラバンづくり」に挑戦!
「プラバン」?私は初めてみました。
透明なプラスチック板です。
これに油性ペンで絵をかいたり色を塗った後、
トースターで少し加熱。
すると板が堅く縮んで、キーホルダーのように使えるサイズに♪
透明なので、下絵を用意すれば、なぞって描けるんですね。

「油性ペンだと色が限られますが、
少しやすりで板を削れば、色鉛筆などでも着色OKですよ」
とスタッフの方に教えてもらいました。
色鉛筆だと色が豊富ですもんね。

学童の名前は、都市型学童保育「ベルテール」。
グーグルで検索をかけるとでてくるので、
関心のある方は是非どうぞ♪
スタッフの皆さんは、遊びも勉強も経験豊富そうでした。
そしてなによりたくたくが、スタッフのお兄さんが好きなんです。

▼写真は手作り石鹸とたくパパ作のプラバン「ピカチュウ」♪
f0219674_1743017.jpg

[PR]
# by denko6246 | 2010-08-30 17:39 | まちあるき
6月父の日。
たくたくが持って帰ってきたプレゼントは
たくの手形でつくったしおり♪
なんだか3月末にとった手形より大きくなった気がして
定規ではかってみたらなんと5mmも大きくなっていてびっくり!!
ひょっとして・・・音楽療法の教室でピアノを弾いて大きくなった?!
なんて♪

・・・で、大きくなったのは手だけじゃなかったんです。
夏直前にどうもきつくなった靴を買い換えたのですが、
それが8月になってもうきつい!
うっそ~!!3ヶ月もたってないのに・・・・(汗)
慌てて靴屋さんへGO!
足のサイズを測ってもらうと・・・・・1cmも大きくなってる!
こんなことがあるのでしょうか・・・。

「お子さんの足サイズは3ヶ月ごとに測っていただくのがいいですよ」
と店員さん。
むむむっ・・・・わかってら~いい。
でも普通、1cmも大きくなるか~っ。

幅広甲高のたくたくの足に合うクツはなかなかなくて。
しかも足首がぐんにゃり柔らかいので足首がしっかりできるものがよくて。
サイズが大きくなると、手先がまだ不器用なたくたくでは
自分ではけるタイプが少なくなって・・・。
保育園からは「できるだけ自分ではけるものがいいですね」と。ううううっ。。。。難しい。。
気に入っていたメーカーがデザインやサイズを絞ってしまったりで、
なかなかクツ選びは深刻です・・・(汗)

はきまくって
たくたくがご機嫌ナナメ。「う~っ。。。」と言い出した頃やっと1足決まり。

帰宅後、はけなくなったクツを「お疲れさ~ん」と洗いながら
中敷についたたくたくの足のあとが、
なんとなしに愛し~くなってしまったのでした。

f0219674_17155864.jpg

[PR]
# by denko6246 | 2010-08-27 17:16 | 日々のつぶやき