障がいのあるわが子の子育て&まち歩きまちづくり日記。日々の出来事、読んだ本のこと、友人たちや地域との交流など。アート・手仕事をテーマに、障がい者の居場所づくりを目指して・・がんばります。


by denko6246

『はじめてであう小児科の本』

f0219674_23354260.jpg

f0219674_23354263.jpg

f0219674_23354268.jpg

『はじめてであう小児科の本』
山田真(福音館書店 1994年3月発行)

子どもの様子がおかしいとき
どうしてますか?
先日、たくたくがあまり食べず…
珍しいのでちょっと心配していたら
翌日は、朝に36℃ちょっとだったのが昼前には39℃!

あら…。。

つらそうだけれど、
とりあえず水分などに気を付けながら一日様子見守り。

それでも回復しなくて、
いよいよ「これは何かあるな…」と。
疲れでもなく
単なる風邪でもなく。

そんな時に手に取るのが二冊の本。

山田真さんの
『はじめてであう小児科の本』
これは改訂第2版のものです。
クスリに頼りすぎないようにしたいので、
やっぱりつい山田さんの本を読んでしまいます。
所々にあるなんだかゆるいイラストが、
看病で疲れているときでも
ふふっ…と笑わせてくれます。

あとは地元の方、田村先生の本。
『子どもお助けBOOK』
ママさん小児科医ならではの
優しい感じの文面です。
専門的ではありませんが
おおまかにつかむには良い本です。

今回、えらいたくさんのクスリをもらいまして…。
まずいものはまずいので飲みません…。
はがいじめにしても、交換条件だしても…だめなんですが。
飲ませないと犯罪者のように
お医者さんからせめられます…。
解熱剤はもちろん、
ヨウレンキンなどではしょうがないですが、
抗生物質はほとんど飲ませないできました。
予防接種も副反応と効果を考えて
心臓の手術の後は
もううっていません。
これもえらくせめられて…辛いですが。。。
[PR]
by denko6246 | 2013-01-25 23:35 | 家の本棚♪まちの図書館づくり